更新情報

学園長の子育てポイント2016/03/17 更新

精神的しつけ(躾)

  しつけ(躾)とは、「子どもに礼儀作法を身につけさせること。生きていくうえの決まり・約束がわかるようにすること。うまく自立できるように助けになるもの。」でした。

 そして、躾は親の仕事で、これができていないと子どもは一生苦労します。今月も躾について考え、実践していきましょう。

 躾の基礎となる大切なことは、次の3点でした。

 ①他人とのコミュニケーションがとれること

 ②自分の衝動を抑えることができること

 ③他人のことを思いやることができ、周りと協調できること

 

 躾には次の3つの内容がありました。

 ①基本的しつけ  ②精神的しつけ  ③社会性の躾

 

 今回は「②精神的しつけ」について考えてみたいと思います。

 

 (1)我慢すること

   意志の強い子どもとは、我慢のできる子どもです。苦しいこと、辛いこと、痛いこ  となどに耐え、我慢することが学ぶことが大切です。公園のブランコなどで順番を待  つこと、欲しいお菓子はルールをつくって買ってもらうこと、おもちゃは欲しいと言  ってもすぐには与えないこと。食事の前のお菓子は我慢します。夜、寝る時間にもっ  と遊ぶとだだをこねた時も、きちんとお話をして、我慢をさせましょう。そして我慢  できたときは、力一杯誉めて、抱きしめてあげましょう。自分の欲求を抑えて我慢で  きる人が強い人だと教えてあげましょう。我慢を教えることは、厳しさを教えること  で、粘り強く努力のできる子どもを育てることになります。

 

 (2)親切にすること

   親切とは、他人への思いやりを丁寧にすることです。親切にされた人は、笑顔にな  り感謝してくれます。暖かくてやさしい言葉が満ちあふれ、心の交流が始まります。  知らないうちに親切にしてもらえます。親切の心はグルグル渦になって回転し、みん  なを幸せにします。まずは親が周囲の人に親切にして見せてあげましょう。そして具  体的に何をすれば良いのか教えてあげましょう。お客さんにお茶を出してあげたり、  肩たたきをしてあげたり、お友達におもちゃを貸してあげたりしてみましょう。

 

 (3)正直なこと

   正直とは、心が正しく素直なこと、いつわりのないことです。嘘をついたり、ごま  かしたりすることが悪いことを教えます。正直に生きていれば、お日様(神様)が見  守ってくれて、ご褒美をくれることを話してあげましょう。悪いことをした時は、   『ごめんなさい』とあやまることを教えてあげましょう。自分がした悪いことを正直  に話し、あやまれた時は、抱きしめて、正直なことを誉めてあげましょう。

 

 (4)従順なこと

  小さな子どもは分別がつかず、善悪の判断も正しくつけられないので、理屈抜きに親 に従う従順さを身につけさせましょう。そのためには、0才~3才の反抗に、親が甘く なって負けてはいけません。毅然とした態度で愛情を持って接することが大切です。

 

 (5)感謝すること

  『ありがとう』という言葉は、魔法ので幸せへのパスポートです。どんな時にで も気軽に『ありがとう』と言える習慣をつけてあげましょう。親切にしてもらった時、 抱っこしてもらった時、誉められた時、遊んだ時、食事の時、夜寝る時など、いつも感 謝の心で生活していると幸せがやってきます。

 

 精神的な躾は、幸せな人生を送る基礎となる習慣です。子どもだけでなく親子で一緒に実践しながら、笑顔で幸せないっぱいの生活を送りましょう。

                                                                                                                           ( 建 治 )

カテゴリー

  • 受賞おめでとう
  • 学園長の子育てポイント
  • 子どもたちの発表
  • 通室生のおたより
  • 先輩パパ・ママの感想
  • 卒業生の声

コース紹介

  • 幼児教室
  • 小学生コース
  • 音楽教室
  • 英語教室
  • 胎児教室
  • HappyBaby コース
  • 目の学校
  • 理科実験
  • 自然体験教室
  • 子そだては夢そだて 三鈴学園