更新情報

学園長の子育てポイント2018/02/21 更新

言葉で『幸せ』をゲット!

 万葉の時代から、言葉は『言霊』とも言われ、言葉により不思議な霊威が働き、言葉通りの事象がもたらされると信じられてきました。人間は頭の中で良いことも悪いことも考えます。そしてその中のあるものを選び、言葉にして発信します。するとその言葉が潜在意識の中に入り込み、無意識のうちにその言葉通りの状態が生じてくるのです。毎日どのような言葉を使うかにより人生は変わるのです。このことを上手に利用すると、言葉づかいにより、幸せをつかむことができます。

 

 一番大切な言葉『ありがとうございます』。ありがとうの感謝の言葉は、とてもパワフルで、すごい言葉です。運がどんどん開け、気分が明るくなり、いいことがいっぱい起こります。また悪いことから自分を守ってくれます。朝から夜まで、どんな人にも物にも、ありがとう。我が子・配偶者には心を込めてありがとう。事故や盗難、病気など、おもしろくないことがあっても、このくらいで済んで良かった。ありがとう。気分が落ち込んだ時には『ありがとうございます』を大きな声で100回言いましょう。ありがとうの言霊パワーがあなたを救ってくれます。

 

 次に楽しいこと良いことを言葉にして言いましょう。『私はついている!ラッキー!』『私には幸運の神様がついている!』『私の人生。毎日ハッピー!』『最高最善!』『やることなすこと、すべてうまくいく!』『夢が叶った!』『素晴らしいことが起きた!』『どんどん良くなる!』『成功。成功。大成功!』『絶対に大丈夫!』『うれしい!』『楽しい!』『おもしろい!』『こんなことができるようになった!』など、発した言葉の通りになっていきます。

 意識して、楽しく夢がある言葉を言い切り、過去形で使いましょう。『~のようになったら、いいなあ。』ではなく、そうなっていなくても『~になりました。ありがとうございました。』と過去形で言い切ります。毎朝、家にある神棚に、『今日も一日いいことがいっぱい起きて、すばらしい一日でした。ありがとうございました。』と過去形で感謝をします。すると潜在意識にスイッチが入り、そのようにあなたを導いてくれます。

 

 反対に、悪い言葉を追放しましょう。ネガティブな言葉は、厳禁です。意識して言葉にしないことが大切です。『ついてない』『最悪だ』『嫌だ』『ろくなことがない』『おもしろくない』『つまらない』『バカらしい』『心配だ』『もしかして~』『またダメかも』『頭が悪い』『失敗、不成功』などです。特に、他人の悪口・陰口は厳禁です。必ず悪いことが回り回って自分のところに返ってきます。また『どうせ私は、……』と、すねて言うのも厳禁です。その言葉通りのつまらないものになってしまいます。

 

 言霊(言葉)の持つ力は、想像以上のものです。これを上手に使いこなせば、幸せな人生を送ることができます。原理も実践もとても簡単で、劇的な成果が現れます。まずは、あなたが今から実践してみましょう。そして、配偶者に、我が子に、友人に広めていきましょう。みんなが笑顔で、明るく、希望に満ちた、幸せな家庭・社会ができます。                     (建治)

カテゴリー

  • 受賞おめでとう
  • 学園長の子育てポイント
  • 子どもたちの発表
  • 通室生のおたより
  • 先輩パパ・ママの感想
  • 卒業生の声

コース紹介

  • 幼児教室
  • 小学生コース
  • 音楽教室
  • 英語教室
  • 胎児教室
  • 赤ちゃんコース
  • 理科実験
  • 自然体験教室
  • 子そだては夢そだて 三鈴学園