更新情報

学園長の子育てポイント2018/05/22 更新

親の仕事は我が子の命を守ること!

 親がしなければならない仕事とは、どのようなものでしょうか。原点に戻り考えてみましょう。 親の仕事とは、 『我が子の命を守り、我が子が幸せな自立ができるように指導し、確認すること』です。  「子どもの命を守る」とは、健康でたくましい体をつくること、外敵・危険から身を守る方法を教え、身につけさせることです。  健康でたくましい体を作るためには、最適な衣食住を提供し、鍛える必要があります。 特に食べることはとても大切です。毎日の食事により体はつくられます。心もつくられるという研究者もおられます。  基本的には、未精白の穀物食(玄米)をよく噛んで食べること。それを中心にして、身土不二(身近で採れるもの)、旬を食べることです。副食は「ま、ご、わ、や、さ、し、い、こ」が基本です。「ま」豆、「ご」ごま(種実類)、「わ」わかめ(海草類)、「や」野菜、「さ」魚(魚介類)、「し」しいたけ(きのこ)、「い」いも、「こ」酵素(発酵食品)です。そして食べ過ぎないこと、加工食品、農薬の多い食品は控えるのが基本です。  健康な体を保つためには、衣服を清潔にしたり、洗面、歯磨き、入浴、規則正しい睡眠、排便なども重要な要素です。  また、適度な運動、特に歩くこと走ることを中心に体を毎日鍛えます。  外敵・危険から身を守ることとは、事故などの危険から命を守る方法を教え、できるようにすることです。子どもの周りにある危険とは、交通事故,落下事故,やけど,刃物などによるけが,動物とのかかわりによるけが 、人的悪意によるものなどがあります。実際の場面で、丁寧に根気よく教え、練習させ、自分でできるようにしていきます。  大切なポイントは、自己管理能力をつけてあげることです。  最初は親が管理し、教え、制限し、禁止をして、できるようにします。そして徐々に自分で管理できるように、誉め認めながら教えていきます。食事は、食べ過ぎたり、体に良くないとわかっているのに食べたり、ついつい贅沢食になってしまいます。また、危険なことはスリルがあり、緊迫感があり、面白いものです。どうすれば事故にあわず、けがをしないで冒険ができるのかを、自分で自分の心を管理しながら学んでいく必要があります。親の仕事は目を離さず見守ることです。  親の仕事は、子どもの命を守ることが第一です。それには、基本となる事項をしっかり教え、基本的生活習慣としてできるように習慣化し、それを持続できる自己管理力をつけてあげることです。        (建治)

カテゴリー

  • 受賞おめでとう
  • 学園長の子育てポイント
  • 子どもたちの発表
  • 通室生のおたより
  • 先輩パパ・ママの感想
  • 卒業生の声

コース紹介

  • 幼児教室
  • 小学生コース
  • 音楽教室
  • 英語教室
  • 胎児教室
  • 赤ちゃんコース
  • 理科実験
  • 自然体験教室
  • 子そだては夢そだて 三鈴学園