更新情報

学園長の子育てポイント2019/07/20 更新

子どもが幸せを感じる時

 親は、我が子に幸せになってもらいたい、幸せにしたいと、いつも思っています。でも漠然と思うだけでは幸せにはできません。どうしたらいいのでしようか。まず、次のことを考えてみましょう。

 子どもが『生まれてきて良かった。心が満ち足りて、幸せだな。』と心から感じるのは、どんな時でしょうか。パパとママで話し合い、思いつくことを書き出してみましょう。

 ・おいしいものを食べている時      ・テーマパークに家族で遊びに行った時

 ・欲しがっていたものを買ってもらった時 ・すごいといって誉められた時

 ・一緒にキャッチボールをしている時   ・一緒にお風呂に入っている時

 ・一緒にご飯を食べている時       ・一緒にトランプをしている時

 ・得意なことを見つけて誉めてもらえた時 ・添い寝をしてお話をしてもらっている時

 ・絵本を読んでもらっている時      ・親に抱きしめられた時

  それぞれの家庭によりいろんなものが出てきます。

 次に内容を整理して、何が一番大切なのか順番をつけてみましょう。

 しかし、なかなか本質にはたどり着けません。

 反対のことを考えてみましょう。『子どもは、どんな時に生まれて来なければよかった、嫌だなあ、死にたい』と思うでしょうか。夫婦で、思いつくものを考えてみましょう。

 ・おまえはバカだと言われた時    ・親に放っておかれて相手にされない時

 ・遊び相手がいない時   ・ひとりぼっちの時    ・親に暴力をふるわれた時

 ・兄弟と比べられてバカ呼ばわれした時

 ・はげしい夫婦喧嘩をして、子どもなんか生まなければよかったと言われた時

 この不幸と感じる行為は、絶対に避けねばなりませんし、この反対の行為が幸せにつながっています。

 子どもが一番幸せに思うのは、『パパとママがラブラブで、互いに相手のために尽くしている時。好きだよと言ったり、手をつないだり、抱き合ったりしている時』ではないかと思います。ラブラブ夫婦を見せることは、子どもの心を安定化させ、自分が望まれて生まれてきたことを実感させます。自分の命の原点を確認できるのです。生きているのが幸せになります。自分も両親のようなパートナーを見つけたいと思います。

 二番目に幸せを感じるのは、『親と一緒に遊ぶ時』だと思います。親が子どもの年齢になり、一緒に走ったり、ブンブン回しをしたり、肩車をしたり、工作をしたり、木に登ったり、お絵かきをしたり、ちょっとしたイタズラをして笑いこけたり、手をつないで散歩したりします。親が自分だけを見ていてくれ、本気で関わってくれていると実感できた時、心が満たされ、幸せになります。愛されている実感があるのです。一人ではない。自分を大切に思い守ってくれる人の存在が、心に満足感を与えます。

 三番目に幸せを感じるのは、『誉めてくれた時』だと思います。親が子どもの素晴らしい能力を見つけてくれて誉めてくれ、抱きしめてくれた時、子どもは自己肯定感を持ち、明るい気持ちと生きる意欲が湧いてきます。

 子どもの幸せは、パパとママがラブラブで、一緒に遊んでくれ、自分を認めて誉めてくれる時です。これは、親の人間としての一番本質的な幸せです。

 まずは、照れずに『ママのことが大好きだよ。』『パパのことが大好きだよ。』と子どもの前で言ってみましょう。子どもは、すごい笑顔になります。                       ( 建 治 )

カテゴリー

  • 受賞おめでとう
  • 学園長の子育てポイント
  • 子どもたちの発表
  • 通室生のおたより
  • 先輩パパ・ママの感想
  • 卒業生の声

コース紹介

  • 幼児教室
  • 小学生コース
  • 音楽教室
  • 英語教室
  • 胎児教室
  • 赤ちゃんコース
  • 理科実験
  • 自然体験教室
  • 子そだては夢そだて 三鈴学園