更新情報

学園長の子育てポイント2019/08/29 更新

一流の大人になるための子育て

 以前出会った本に前川孝雄「一流の人だけが実践している成功術」(日本文芸社)というものがあります。数多くの一流と呼ばれている方と会い、話しながら気付いた共通点をまとめた本です。何気なく手に取り読んでみると、子育てのヒントになるようなことがたくさんありました。私なりにまとめ直し、紹介したいと思います。

 一流とは、「第一等の地位。最もすぐれている段階」のことです。一流の大人、最もすぐれている大人になるためには、どのような資質を育てていけばいいのでしょうか。

(1)ポジティブ思考

 どんな時でも前向きで、明るく楽しく生活できるようにします。「おもしろい」「やってみたい」「すごい」「ありがとう」というような言葉を多用します。反対に、「でも」「もし」「どうせ」「ダメ」「できない」などの言葉は使わないようにします。うまくいかなかった時も、いい勉強をしたと思い、どうしたら楽しくうまくいったかを考え、工夫します。

(2)具体的な行動目標をつくり、実践、達成していくことを習慣化

 少し努力すれば達成できる具体的な行動目標、学習目標を設定し、努力して頑張り達成していきます。「プリントコースのプリントを一日5枚する」「毎日読書を30分間する」「毎日暗唱文集を、1頁暗唱する」「毎日、トランポリンを15分間する」「毎日、逆上がりができるように練習する」「毎日食事の後片付けを手伝う」などです。大切なのは、親と一緒に点検できる目標をつくり、毎日できたかチェックし、できていたらいっぱい誉めてあげること、毎日できるように上手に仕向けることです。できたこと。誉められたことは自信になり、次への意欲になります。具体的な行動目標をつくり、達成していく喜びを体験させてあげましょう。

(3)友達の良いところを見つけ、それを伝えること

 周囲の人の良いところを見つけて伝えてあげましょう。周囲の人が大切にしていることを見つけて、その話を聞いて感心し、認めてあげましょう。人間関係の基礎は、互いに認め合うことです。そのために良いところ探しをしていきます。どんな人にも必ずその人にしかない優れたところがあります。親と一緒に探し、その人に上手に伝えます。伝えることからいい人間関係がスタートします。

(4)趣味、好きなことに没頭する

 大好きなことをつくり、毎日時間を決めて熱中します。お絵かき、虫探し、ブロック、絵本、読書、おもちゃ、パズル、プリント、ままごと、砂場あそび、粘土、サッカー、野球など、好きなことに熱中することを大切にします。趣味・好きなことを深く、とことん伸ばすことで、人間は大きく成長します。

 一流の大人になる子育ての本質は、個性と実力を伸ばし、幸せな人生を送るためのものです。大切なことは、親自身が一流になる努力をし、その姿を見せることです。子育ては自分育て、我が子とともに、自分を活かし、周囲の方を活かし、笑顔の絶えない幸せな社会をつくっていきましょう。       (建治)

カテゴリー

  • 受賞おめでとう
  • 学園長の子育てポイント
  • 子どもたちの発表
  • 通室生のおたより
  • 先輩パパ・ママの感想
  • 卒業生の声

コース紹介

  • 幼児教室
  • 小学生コース
  • 音楽教室
  • 英語教室
  • 胎児教室
  • 赤ちゃんコース
  • 理科実験
  • 自然体験教室
  • 子そだては夢そだて 三鈴学園